ホワイトペーパー

【IDC調査】2割のITインフラコストが削減─RHEL導入企業の様々な成果が明らかに

レッドハット株式会社 2019年02月26日

最新のアプリケーションに適したオペレーティングシステムとして、さらにはクラウド向けのインフラストラクチャとして、その立場を確固なものとしているLinux。そして広範なLinuxカテゴリーの中から、多くの企業が選ぶエンタープライズディストリビューションがRed Hat EnterpriseLinux(RHEL)である。

そこで世界的な調査会社であるIDCではこのほど、12社の企業へのインタビューを実施し、各社がどのようにRHELを利用して、企業運営に役立てているかの調査を行った。すると、3年間の平均ROI348%、3年間の運用コスト削減40%、ITスタッフの運用効率向上45%など、目覚ましい成果が現れていることが明らかとなったのである。

本資料には、この調査結果の詳細とその意味するところについての解説が収められている。費用対効果が高く、効率的で、信頼できるオペレーション環境とはどのようなものか、ぜひ知っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]