ホワイトペーパー

SAP HANAを稼働させるのに適したハードウェアは?-- 導入コストと有効性を検証

レノボ・ジャパン株式会社|SUSE    2017年03月17日

ビッグデータをリアルタイムに分析できるようになることが、競争優位を確立するうえで重要な要件となっています。

それを実現するために有用なソリューションの一つがSAP HANA上での分析です。例えば、データウェアハウスソフトBusiness Warehouse(BW)を利用している SAPの顧客およそ15,000社のうち、すでに約3,700社がSAP HANA上で同ソフトウェアを動かしています。

こうしたSAP HANA上での分析ニーズにが高まる中で、いくつかのベンダーがSAP HANA認定アプライアンスを提供しています。本資料では、その中の一つ「Lenovo System x for SAP HANA」のテクノロジーやコストについて詳しく紹介しています。

パフォーマンス・拡張性、信頼性・可用性・保守性のほか、所有コストについては他の有力ベンダーとの比較も実施しています。また、System xと他のベンダーの製品との大きな違いとして挙げているのが、IBM Spectrum Scaleファイルシステムを中心に構築されている点です。これによって、より高いパフォーマンス、柔軟な拡張、容易な保守性を実現します。

ぜひ、ダウンロードのうえ、詳細をご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)