ホワイトペーパー

VDI環境を導入しても期待したレスポンスが得られない原因はどこにあるのか?パフォーマンスを徹底比較

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社 2018年02月21日

働き方改革を推進するためのテレワークの導入や、情報漏えい対策、ITインフラコストの削減などへの関心の高まりから、VDI環境の導入を検討する企業が増えている。しかしながらVDI環境は、物理サーバーの構成や台数、その上で可動する仮想マシンの構成など複雑な条件の組み合わせでパフォーマンスが大きく異なってくる。

そのため、せっかくVDI環境を導入しても、期待したレスポンスが得られず、業務に支障が生じてしまうようなケースも後を絶たないのが現実だ。

そうした課題を解決すべく、レノボではVDI導入を検討している企業の参考となる情報として、同社が実際にVDI環境を構成してテストを実施した参考構成となるリファレンス・アーキテクチャー(RA)を提供している。本ホワイトペーパでは、一般的な環境で幅広くパフォーマンスを落とさず運用できる検証結果となるRA資料を参考に、VDI環境構築時の様々な構成の違いによるパフォーマンスの比較を行っている。VDI環境を構築する際の指標として役立てていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)