ホワイトペーパー

ツギハギが限界に!引退時期を迎えた古い仮想化基盤、重大なコスト要因に

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社 2018年02月21日

そろそろ、旧来の仮想化基盤はリプレースの時期が到来しているはずだ。
少なくとも2010年前後にシステム環境の仮想化に取り組み始めたユーザーの多くは、運用負荷の増加という形で、その事実を実感しているだろう。

本資料は、そうしたユーザーの意思決定の助けとなる、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入メリットについて紹介している。最も悩ましい点である、「従来のアーキテクチャのままインフラを改修、拡充していくのが妥当かどうか」という問題に解決へのヒントを見せてくれる内容だ。

サーバ、ストレージ、ネットワークという基本的なインフラ要素をそれぞれ独立させた形で購入し、仮想環境を構築している場合、仮想環境のニーズが高まり、扱うアプリケーションの種類も増加した現在、様々な問題に直面している可能性が高い。

資料では、スモールスタート可能で中小規模のユーザーでも導入が容易な「NutanixのハイパーバイザAHV」とレノボ製サーバを融合させたHCI製品を取り上げている。ぜひダウンロードのうえ、ご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]