ホワイトペーパー

2019年末には50%のITインフラがSDモデルに移行! - 進化を続けるHCIの現在位置を把握する

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社 2018年10月04日

IT調査会社の米IDCは2018年の調査で「企業は2019年末にはデータセンターと拠点サイトにあるITインフラストラクチャーの50%以上をソフトウェア定義モデルに移行せざるを得なくなる」との予測を公表した。

背景にあるのは、企業はますます俊敏性や管理性、そして資産効率を高める必要性に迫られるためだ。現在、IT予算の構成割合は8対2と言われ、80%は現状維持とITの継続稼働に充てられている。データセンターとビジネスのイノベーションに使える割合はわずか20%しかないということだ。

こうしたなか移行先として存在感を高めているのがHCIだ。HCIは日々発展を続けており、現在、ワークロードの50%以上はHCIに最適とされる。本資料は、そうしたHCIが提供する価値と、HCIを稼働させる基盤に求められる要件を整理したホワイトペーパーだ。

HCIの最先端を知り、将来的なインフラ変革に向けて準備をするうえで役立つ資料だ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]