ホワイトペーパー

Teamsビデオ会議の効果をより高めるために、互換性を認定された製品の採用

株式会社ロジクール 2022-11-24

世界中で働き方の多様化が進む現在、Microsoft Teamsはビジネスを発展させるためのコラボレーションソリューションになっていると言っても過言ではない。実際、1日あたりのTeams会議のアクティブユーザー数は2020年時点で7,500万、1日あたりの会議ユーザー数は2億にも達しており、現在はさらに拡大を続けている。
しかし一方で、Microsoft Teamsを組織全体の各会議スペースに効果的に装備するには、管理されたMicrosoft認定コンポーネントおよび構成とサポートサービスが充実したソリューションを提供するハードウェアを設置することが不可欠なのも事実だ。
そこで本資料では、会議室専用のMicrosoft Teams Roomsへの投資のあり方を解説するとともに、ロジクールが提供する小、中および大会議室向けの包括的なMicrosoft Teams Rooms認定ソリューションを紹介している。より生産的な会議を行うことがでるという従業員全体へのメリットだけではなく、低コスト性と優れた管理性でITにとってのメリットも、双方にとっての大きな効果を手に入れるアプローチが見いだせるに違いない。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]