ホワイトペーパー

サイロ化の果てに決断:クラウド型ERPの導入で乱立したシステムや情報を整理--陥りがちな事態から脱却

ネットスイート株式会社 2017年08月09日

グループ内の各拠点や子会社などの状況を、ただ「まとめる」だけで膨大な手間がかかり、迅速な経営判断ができなくなっている…。

こうした企業は決して少なくない。その背景に、異なるシステムの乱立、サイロ化が「重度化」しており、容易に立て直しが効かない事が多くみられる。本資料は、クラウドERPの導入で、そうした事態を回避した企業の事例となる。

事例のみどころとして、登場する企業の、深刻化したサイロ化の現状がある。複数企業のM&Aで各社のシステムが並列に稼働し、その対策としてオンプレミスERPを導入したものの、海外拠点の子会社などは統合に参加できず、重要情報が最終的にExcelファイルで受け渡されるのが常態化していたのである。

この状況を、いかに仕切りなおしたのか。多くの企業にとって参考になるケースなはずだ。登場する企業である「水ing」は、クラウド型ERPの、具体的にどういった部分を評価し、導入を最終決断し、グループ内に浸透させていったのか。

詳細は、ダウンロードでご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)