ホワイトペーパー

旧式のシステムはリスクに--バラバラで複雑な業務が正確性や生産性を低下させ、競争力を失っていく

日本オラクル株式会社(NetSuite) 2019年07月12日

市場動向の変化の激しさはますます加速しつつある。顧客の製品やサービスを購買する形も大きく変わっており、動向に合わせて変化に合わせた適応力が欠かせない。どのチャネルで売れたのか、どこで影響を受けたのか、正しくオーダーが処理されているのか、適正在庫を常に調整し、需要に応えていく必要がある。しかしながら、特に旧式で自社運用型のERPや受発注システム、エクセルのデータ収集分析など、複数のシステムを利用している多くの企業にとって、変化に追いついていくのは難しいというのが現実だろう。というのも、それぞれの点在したシステムによって信憑性を確認しながらデータ分析し、それを経営のフォーキャストや実績今後のプランを作ることは会社の全員の生産性を低下し、継続的に競争力を低下させている。

また、上場やM&Aを目指す企業は内部統制の強化は必須である。正確なコスト計算と予算執行、予実管理、正確なフォーキャストが求められるからだ。これからの成長を目指す企業に限らず、これから事業承継を考えて経営改革をしていく企業は、今まで常識と考えられていた業務による柔軟性欠如の結果として、収益性の悪化と見えない停滞といった深刻ないくつもの課題を抱えてしまっているのだ。

これらの経営の大きな課題に対する選択肢が、世界16000以上の組織での実績を誇るNetSuiteのクラウドERP によるこれからの時代の経営基盤と生産性と正確な業務の流れなのだ。その豊富な実績から財務会計のベストプラクティスを提供するとともに、組織全体の可視化により現代ビジネスが求めるスピードに対応した業務・業績改善、業務評価をサポートする。本資料には、企業が直面する様々な課題をNetSuiteがどのように解決するのかをはじめ、れからの永続的な競争力強化や、生産性向上、そして内部統制、さらにはグローバル化などこれまでの導入企業の実績などが具体的に示されている。こまずは一読をおすすしたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]