編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

事例・攻撃者よりも早く脆弱性を検知・対処しインシデントの未然防止体制を確立した竹中工務店

株式会社東陽テクニカ 2021-11-18

多くの企業がデジタル化を急速に進めるのに伴い、セキュリティ対策すべき範囲も拡大している。そして攻撃者は常に脆弱性を抱える企業を探しており、少しでも隙が見つかればそこを突いて攻撃する。このため企業としては、自社の脆弱性には最大限のリソースを注入して目を光らせたいものの、セキュリティに関わる人材やその時間は限られているのが現実だ。日本を代表する建設会社である竹中工務店においても、かつて同様の問題に直面していた。

しかしながら同社は、脅威インテリジェンスサービス「IntSights」を導入することで、攻撃者よりも早く脆弱性を検知・対処してインシデントを未然に防ぐことのできる体制を確立したのである。本資料では、以前の竹中工務店が抱えていたセキュリティにまつわる課題と、東陽テクニカのサポートのもと、そうした課題をいかにして解決することに成功したのか、詳しい経緯を担当者の声を交えて解説している。「IntSights」の概要や効果についてもよくわかる内容となっているので、ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]