編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

働き方改革の目的は生産性の最大化!IT活用で時間を掛けずに売上げ向上へ

ソフトブレーン株式会社 2021-05-13

2019年4月より施行された「働き方改革関連法」は、働く人々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自ら選択し、それを実現可能にする社会を目指す改革のための法律だ。そして、この中には長時間労働の制限なども含まれ、これは大企業だけでなく中小企業においても遵守しなくてはならない。ここで問題となるのが生産性だ。多くの企業では、これまでも日々の改善活動により生産性を高める努力はしてきただろう。しかし、その反面で長時間労働が習慣化するなどの弊害がでていたのも事実だ。特に本資料においてIT活用による変革を提案する営業活動においては、業務が属人化し残業があたりまえになっている企業も多い。こうした状況では本来、従業員を幸せにするはずの働き方改革の意義・価値は意味をなさない。
そこで本資料では、ITを活用した意思決定の迅速化や、営業業務の効率化、情報共有による属人化の防止などを実現するためのアプローチを紹介する。資料内では営業活動におけるありがちなシーンでのCRM/SFAツールの活用ケースの他、事例企業がCRM/SFAツール導入によって得られた具体的な効果の紹介など、さまざまな観点でデジタル営業活動のメリットを解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]