ホワイトペーパー

超アナログな「紙伝票」を思いきって一掃!飲料業界--成功した劇的な時間短縮

ウイングアーク1st株式会社 2017年02月24日

まだまだ、企業の帳票処理は紙ベースが主流なところも多く、取引先を含めペーパーレス化したところは多くない。本資料は、北陸コカ・コーラボトリングの成功事例だ。

同社は紙ベースから電子化するにあたり、以下の目標があった。
・ 請求書情報のウェブ公開化
・ フィールドサービスの作業報告書の電子化
・ 自動販売機関連契約書類の電子棚管理
・ 経理帳票の電子帳票管理システムのリプレース

想定される効果の筆頭は、顧客に情報を開示するまでの時間短縮だ。従来は 3~5日かかっていたものを、締め処理の翌日には 顧客が参照できるようになったという。

「最終的に現在の年間 22 万枚の 印刷枚数を約 7 万枚と、約 70%を削減できると試算しています」とも、同社担当者は語る。

詳しくはダウンロード資料で確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)