編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ホワイトペーパー

【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

シネックスジャパン株式会社 2020-01-30

「連絡とれるくん」などコミュニケーションに着目したアプリケーションクラウドサービスを開発するPhone Appli社は、働き方改革を意識したオフィスを構築し、改革のロールモデルになろうとさまざまな工夫を重ねている。同社では、部門を越えて大人数でも積極的に会議に参加できる環境を整えるため、カメラ&スピーカー、ディスプレイ、そしてホワイトボード機能を備えたコラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」を導入した。

Phone Appli社では、一般的なPCによるビデオ会議は以前から採用していたものの、ディスプレイのサイズの関係から大人数による会議の参加は現実的ではないと感じていた。Microsoft Surface Hubを導入することで、このツールを設置している複数のスペースにいるスタッフが、気軽にミーティングや会議に参加し、有意義なコミュニケーションを進めることが可能となった。

本資料では、テレワーク先や地方支社など遠隔地のスタッフ同士が、Microsoft Surface Hubのデータ共有機能を利用し、スムーズなコラボレーションだけでなくペーパーレス化などにも貢献している事実などについて、詳しく解説しており、新しい働き方の可能性を広げていく様子が分かる。同ツールは、決して単なる会議用の大型ディスプレイなどではなく、会議やコミュニケーションを根本から大きく変えていくツールとして理解することができる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]