ホワイトペーパー

性能低下の原因究明に時間を要していないか? これからのパフォーマンス管理に不可欠な要件は?

リバーベッドテクノロジー株式会社 2016年10月13日

パフォーマンスの低下が起きた際、ネットワークやアプリケーションなど多くの要素や相互関係をチェックする必要がある。しかし多くの企業では、断片的なモニタリングに限られ、パフォーマンス低下の原因究明が迅速に行われていないのが実態だろう。原因究明の遅れは、利用者の生産性や満足度の低下、ひいては業績にまで影響を及ぼすことにもなりかねない。

本資料「今求められているエンドツーエンドのパフォーマンス管理」は、従来のパフォーマンス管理の課題と、今後求められるパフォーマンス管理に欠かせない機能を整理。さらに、それを実現するための具体的なツールとして、システム全体を包括的に可視化する「Riverbed SteelCentral」の特徴やメリットを紹介したものだ。

パフォーマンス上の課題に素早く適切に対処したい、サービスに対する事前対策的なサポートを行いたいと考えているIT担当者、ITサービス担当者におすすめの資料となっている。ぜひ、ダウンロードの上、詳細をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)