ホワイトペーパー

従来型のネットワークが、クラウドへの移行を妨げていないか――ネットワークのモダナイゼーション

リバーベッドテクノロジー株式会社 2016年11月28日

クラウドへの移行は、柔軟なリソース活用、 ビジネスアジリティ、固定費の削減などのメリットを提供する。とくに昨今は、プライベートとパブリック両方を利用するハイブリッドモデルのクラウド活用が一般化し、さらに導入メリットの拡大が進められている。

しかし、そこで大きな障壁となるのが、ネットワークの問題だ。

従来型のネットワーク構成を残したままクラウドを利用することで、各拠点でのパフォーマンスが低下し、その改善のためにIT部門が大きな負荷を背負うケースがある。このネットワークの課題で最も重要な領域の1つがWANである。無制限にWANの帯域幅を拡張することは、コストの増大につながるため、より効率的で管理のしやすいWANソリューションが求められているのだ。

本資料では、ソフトウェアでWANを自動制御するSD-WANを含め、クラウド時代にふさわしいネットワークのモダナイゼーションの必要性について解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)