ホワイトペーパー

アマゾンウェブサービス(AWS)への移行をスムーズに進める上で不可欠なパフォーマンスモニタリング

リバーベッドテクノロジー株式会社 2016年11月28日

オンプレミスのIT環境をパブリッククラウドへと移行する動きが活発化しているが、依然として、さまざまな懸念から部分的な移行にとどまり、クラウド活用のメリットを享受しきれていないケースが見られる。

クラウド移行を制限している要因には、アプリケーションパフォーマンスの問題、エンドユーザエクスペリエンスへの可視性の欠如、データセキュリティへの懸念、コスト把握の問題、クラウドストレージをすぐに利用できない、などさまざまなものが挙げられる。IT部門にとって、これらの問題について移行後も監視を続け、検出された問題に対して素早く対応するのは至難の業といえるだろう。

こうした多様な懸念や障壁を克服するには、クラウドの活用状況全体を把握するためのパフォーマンスモニタリングが欠かせない。包括的で効率的なモニタリングを行うことで、問題を迅速に検出して修正できるようになる。

本資料では、AWSユーザーに多くのメリットを提供しているモニタリングソリューション「Riverbed Application Performance Platform」を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)