ホワイトペーパー

SAP ERP保守終了を前に基幹系システムをクラウドへ移行させ「検討時間を確保」したクリヤマ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 2019年04月22日

ゴム・樹脂製品を中心に産業資材や建設資材、スポーツ施設資材など、多岐にわたる資材事業を展開しているクリヤマ株式会社。同社はこれらの事業を支えるSAP ERPのインフラをオンプレミスからクラウドへと移行した。その最大の目的は、運用負荷の低減が可能な基盤の確立によって、SAP ERPの保守終了となる2025年以降のシステム検討の時間を確保することにあった。

クリヤマの既存オンプレミスシステムは、ハードウェアの故障が多く、その対応の負担が大きかった。また、パフォーマンスも十分ではなく、オンライン検索に1時間以上かかるなど、 業務部門のストレスも大きかった。

クリヤマはどのようにこれらの課題に向き合い、課題を解消したのか。そのカギとなったのは基幹系システムに最適化されたクラウドだ。本資料はその経緯を記したホワイトペーパーだ。基幹システムのクラウド移行をはかる多くの企業の参考になるはずだ。ぜひダウンロードいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]