ホワイトペーパー

身近なデジタル化がビジネスと事業構造を変える

Sansan株式会社 2017年09月29日

ビッグデータ、AI、IoTの最新テクノロジーがアナログで
行ってきた仕事をデジタル化し、事業構造、そしてビジネスそのものが変わる。
 
例えば、モノづくりの企業。
これまで製品の企画・開発~製造・販売まで一方通行であったものが、IoTを活用して製品にセンサーを取り付けてデータを収集、分析する。
すると、販売した製品がどんな使われ方をするのか、データを集め次の新たな製品開発~販売までをスピーディに行うことができる。
つまり、双方向性のあるビジネスになる。
 
ビジネスの在り方が変革すれば、当然、関わる人々の働き方も変わる。
製品がどんな使われ方をしているのか、人の手を介することがない分、
従来そこに関わっていた人々は、もっとクリエイティブな開発に
専念できるようになるし、営業担当者なら売ることにより集中できる
ようになるかもしれない。すると組織の在り方も変わる。

いわゆるデジタルトランスフォーメーションとは、そういうものだ。

高い技術力だけでなく、データドリブン型の経営が競争に打ち勝つ
この時代に、企業でのデジタルトランスフォーメーションがより重要になる。

では企業でこのデジタル化をすすめるにはどうしたらよいのか。
取り組みをすすめる現場の担当者やIT部門従事者は何から始めれば
よいのか、そして経営者の心構えは?  

このホワイトペーパーでは、企業でのデジタル化推進について、
多くの示唆を与えてくれている。
Sansan社が提示してくれるように、名刺のような小さい身近な紙の資産
からデジタル化、データ化を進めていくことも大きな変革のための
一歩のはずだ。
 
ぜひ、企業でITに関わる方、働き方改革に関心のあるビジネスマンには
ご一読いただき、考えるきっかけにしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)