ホワイトペーパー

「名刺を企業の資産に変える」ことを実践し、受注を倍増させたSansanのMA導入プロジェクトを公開

Sansan株式会社 2018年02月08日

情報が溢れ、変化の激しい今の社会において、いかに自分達の届けたいメッセージを顧客に届けるかが勝負を分ける要因ともなっている。そこで注目を集めているのがMA(マーケティングオートメーション)だが、導入するにあたっては押さえるポイントもいくつか存在しており、検討段階に留まっている企業も多いに違いない。

6000社以上の企業で導入されている、法人向けクラウド名刺管理サービスを展開するSansanは、課題解決と事業成長を加速させるためにMAを導入した。当時の同社では、各部門がサイロ化される状態に陥っていたため、情報共有がスムーズに行われずナレッジも属人化してしまい、受注に結びつく勝ちパターンが標準化できていないなどの課題を抱えていた。しかし、MA導入を契機にマーケティングプロセスの再構築を図り、わずか半年で受注件数を2倍にするなどの成果を上げたのである。

本資料では、MAを中心とし、自社サービスであるクラウド名刺管理サービス「Sansan」とSFAを連携させた、同社のMA導入プロジェクトの詳細を5つのステップに分けて解説している。ぜひMA導入時に押さえるべきポイントとその導入効果についてその目で確認していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]