ホワイトペーパー

これからの企業のリスクマネジメントに名刺管理のデジタル化が効く理由とは?

Sansan株式会社 2018年02月08日

デジタル技術の進化により、これまでアナログで管理されていた情報資産のデジタル化が急ピッチで進んでいる。デジタル化することで高い効果が得られる情報資産の一つとして挙げられるのが、「名刺」だ。これまでアナログだった名刺管理をデジタル化することで、社内で全社員が交換した名刺情報が共有されるようになり、その結果として企業は収益機会の増大が見込めるのである。

名刺をデジタル化して管理することで享受できるのは、こうした「攻め」のメリットだけではない。「透明性の向上」という「守り」のメリットもまた同じように享受できるのである。なぜならば、名刺交換の履歴や、名刺や企業にひもづけられたデータから、社員の「誰が」「誰に」「いつ」「どこで」「何の目的で」会ったのかをいつでも検証できるようになり、リスクマネジメントに生かせるからだ。例えば、カラ出張のチェックや、業績不振に陥った取引先と接点のある部署や社員を洗い出し、さらなる取り引きの制御や売掛金の回収などに活用できるだろう。

本資料は、名刺のデジタル化がなぜリスクマネジメントに活用できるかについて詳しく解説している。名刺という、どこの企業にもある情報資産を管理することで実現できるリスクマネジメントの手法を、ぜひ知っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]