ホワイトペーパー

顧客情報のサイロ化が営業力の大きな阻害要因に!あのマーケティング企業の解決事例に倣え

Sansan株式会社 2018年10月01日

取引先に関する情報をいかに全社で共有し効率的な営業活動などに活かすかは、企業の競争力を大きく左右する最重要課題と言っても過言ではない。しかしながら、全社的に情報を共有するためのシステムがなく、営業先のバッティングや部門ごとに閉ざされた非効率な情報共有が行われている企業も多いのではないか。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループでデータベースマーケティング事業を手掛けるCCCマーケティングもかつてはそんな企業の1つだった。以前の同社では、クライアントに関する情報はそれぞれの部署ごとに閉ざされて管理されており、必要に応じて他部署が持っている情報を確認しにいくような状態だったのである。

そこで同社ではSansanを導入することで、分散管理されていた情報を一元化し、営業をはじめとした各種業務の効率化を果たした結果、さらなる事業成長に向けた体制を整えることに成功したのである。本資料には、同社がこれまでに直面していた課題や、今後のSansanの活用方法について担当者の声とともに紹介している。同様の課題を抱えているのであれば、ぜひ目を通してみてはいかがだろうか。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]