ホワイトペーパー

【実録】あの講談社は、いかにして名刺管理を起点に様々な営業課題を解決したのか?

Sansan株式会社 2018年10月01日

明治42年に創業した老舗であり年間1,000タイトル以上を出版している国内屈指の規模を誇る総合出版社、講談社。誰にとっても馴染み深いはずのこの企業では、2015年末にSansanを導入し、広告事業や版権ビジネスを扱うライツ・メディアビジネス局を中心に活用している。

実は同部門では以前、受注管理から名簿管理まで全て一つのシステムで行っていたが、名簿機能だけが現在のシステムに移行できなかったのだ。そこでSansanを導入した同社では、名簿管理に使ううちに、取引先との接点が見えようになっていったのだ。こうして営業面での課題解決につながるケースが続出。例えばそれまで1対1で行われていた引き継ぎ作業も、Sansanで共有できるようになり、抜けや漏れが少なくなった。

本資料は、同社が多様な媒体商品を扱いながら多くのステークホルダーとやりとりするなかで、いかにSansanを活用して成果を上げてきたかについて解説した資料である。大手出版社の成功事例にぜひ学んでいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]