ホワイトペーパー

世界中で話題の書「ティール組織」を、イノベーティブな組織論研究で知られる宇田川准教授が語る

Sansan株式会社 2018年10月29日

2018年1月に刊行されたフレデリック・ラルー氏の著書『ティール組織』が国内でも話題となっている。ここまで注目を集めている最大の理由は、従来の組織のように「経営者」と「社員」もしくは「上司」と「部下」といった階層が存在しない、ティール組織のオープンでフラットな形態にあると言える。

デジタル革命以降の社会において企業が競争力を発揮するためには、ティール組織のような極めて民主的な組織への変革が求められるとされている一方で、日本の企業はあまり民主化が進んでいないのが現実だ。では本当に、日本企業もまたティール組織へと生まれ変わらなければいけないのだろうか。

本資料では、新たな組織の在り方を研究する埼玉大学大学院准教授の宇田川元一氏が、ティール組織を日本企業がどう捉え、その考察をどのように活かすかについて深く言及している。「組織の関係性や、それを変えるためのコミュニケーションの在り方に着目することが大切」─この同氏の言葉の真意をぜひ知っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]