ホワイトペーパー

デジタル変革時代に「上下関係をベースとしない組織」の長所を取り入れる!注目の組織論&情報共有のヒント

Sansan株式会社 2018年10月29日

本資料は、デジタル変革の時代にあった組織の在り方と、その際の情報共有の方向性について提案するインタービュー冊子です。語るのは、フラットな「ティール組織」論やイノベーティブな組織論研究で知られる埼玉大学大学院准教授の宇田川元一氏。

現在のような変革局面で有効なのは「極めて民主的な組織への変革」と指摘する宇田川氏。ですが現実は、上下関係をベースにした旧来の企業文化をベースに成り立つ日本企業が大多数なはず。では、どのようにそれを変えていくことができるのか?

資料で提案しているのは、オープンでフラットなコミュニケーションを「人脈の共有」から始めること。社内の誰がどのようなキャリアを重ね、どのような人脈を築き上げてきたのか--などが組織全体で共有される企業は今まで少数派だったはずですが、現代ではツールの活用などで十分に可能となってきています。

ぜひ、詳細についてダウンロードの上、お読みください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]