ホワイトペーパー

【調査】交換後に眠らせている名刺、その経済損失額は企業平均で約120億円に!

Sansan株式会社 2019年04月09日

「人脈」がビジネスにとって非常に需要があることは今さら語るまでもないだろう。とりわけイノベーションが求められる昨今では、社外の多種多様な人脈をいかに活用してイノベーティブなビジネスを実現させるかが競争力を左右すると言っても過言ではない。

名刺は人脈のバロメーターであり、またその活用に欠かせない存在として挙げられる。しかしSansanが実施した調査によると、名刺交換後に企業で活用されずに眠ってしまっている人脈=「冬眠人脈」が全体の約61%にものぼることが明らかになった。そして、この冬眠人脈による経済損失額は、国内で年間約120億円にも上ると推計されるのである。

本資料では、推計結果の詳細に加え、ビジネスパーソンによる名刺管理の実態に関する調査結果や人脈活用のポイントなどを読みやすくまとめて紹介している。冬眠人脈を減少させるためにも一読を強くおすすめしたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]