ホワイトペーパー

講演資料:ビッグデータ時代に考える「データベース」視点のデータ保護と企業ガバナンス

株式会社アクアシステムズ 2018年12月13日

ZDNet Japan & AWS Partner Networkセミナーより。


これまで多くの組織では、業務システムで個別のデータベースを作って管理してきました。これからは、情報の横断的な分析、活用基盤としてのデータレイクや、データガバナンスの重要性が増していきます。また、金融を含むエンタープライズ領域でのクラウド利用が本格化する中、クラウドにおけるデータベースのデータ保護、ガバナンスの取り組みは、大きな課題となってきています。
データベースに特化した会社として、いち早くクラウドに取り組んできたアクアシステムズが考える「データベース」視点のデータ保護と企業ガバナンスについて、事例も踏まえてご紹介します。


株式会社アクアシステムズ 安澤 弘子氏
(Sales Division マネージャー)

<ダイジェスト>
・責任共有モデル理解
・一番キケンな「アクセスできる人」
・内部リスクへ対策

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]