ホワイトペーパー

クライアント証明書をもっと身近に-マネージドPKI と AEG

GMOグローバルサイン株式会社 2014年11月10日

企業・組織などの情報システムは外部からのさまざまなサイバー攻撃を防ぐため、ID・パスワードによる認証でアクセス制御を実行してきた。ここで用いる文字列が誕生日や電話番号といった容易に類推されるものでは危険だが、長くて複雑さを伴うもの、複数回の認証などはエンドユーザーに過重な負担を強いる結果につながる。
そこで認証に関する従来の課題に対する有効な方策として、クライアント証明書の重要性が高まっている。

情報漏えいのリスク対策として、アクセス認証やメールの署名/暗号化に利用可能な証明書一括発行・管理ツール「マネージドPKI Lite」、Microsoft CAを利用するActive Directoryでの証明書管理・運営を格段に簡略化・コストダウンできる「AEG(Auto Enrollment Gateway)」について詳しく解説している。

詳細な資料は下記よりご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]