ホワイトペーパー

ヤマハが導入したAIチャットボットの成果、業務効率化と顧客の利便性アップで活用範囲を拡大へ

株式会社ユーザーローカル 2022-11-21

AIやIoTを積極的に活用し、経済産業省と東京証券取引所が共同で主催する「DX銘柄」にも選定された国内製造業大手のヤマハ発動機は、原材料や部品を受発注して社内外に供給する調達本部において、サポートチャットボットを導入した。受発注機能を担うポータルサイトを利用する取引先は1000社に上り、日々の問い合わせ業務は逼迫していたが、チャットボット導入による対応業務の自動化によって、大幅な効率化を実現した。具体的には、ユーザーローカル社のサポートチャットボットを導入し、2020年7月に運用をスタートした。
この資料では、ヤマハ発動機が抱えていた課題と、チャットボットによる解決策、導入効果について詳しく紹介する。電話やメールによる問い合わせ対応数の変化や顧客への利便性の提供など、チャットボット導入を検討する企業にとって参考になる具体的な情報となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]