編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホワイトペーパー

企業システムの理想形がオープンでセキュアな“ハイブリッド/マルチクラウド”であるべき理由

日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM Cloud Paks) 2020-12-11

現在、既存のオンプレミスの基幹システムをパブリッククラウドに移行する企業が増えている。しかし、クラウドは万能の解決策ではなく、オンプレミスが適する用途もある。そのため、企業システムの最適解はオンプレミスとクラウドを適切に組み合わせた「ハイブリッドクラウド環境」だと言える。

ただ、パブリッククラウド活用への不安を抱く企業もまだまだ存在する。システムが特定のクラウドベンダーの技術に強く依存してロックインされたり、セキュリティ面や運用負荷の面などの課題がある。

そうした課題の解決策として注目を集めているのが、業界標準の技術やオープンソースソフトウェアなどをベースにしたオープンな技術だ。その中でも、業界標準のKubernetesをベースとするコンテナ技術「OpenShift」が中核技術となっている。同技術を活用することで得られるメリットとは? 以下の資料では、最適なハイブリッド/マルチクラウド環境を実現できるクラウドインフラの価値を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]