ホワイトペーパー

サービスプロバイダーが、データ保護ソリューション市場に参入するには?

Acronis AG(アクロニス・ジャパン株式会社) 2017年03月03日

昨今多くのユーザー企業でバックアップなどのデータ保護プランを見直す機運が高まっている。こうしたユーザーのニーズに応え、バックアップおよびデータ保護、復旧サービスをメニュー化し、しっかりと収益を確保しようというサービスプロバイダーも増えてきた。

Acronis Backup Cloudは、こうしたサービスプロバイダーに対して迅速なデータ保護市場への参入を支援する。Microsoft AzureおよびAzure Stackをサポートしており、VM拡張機能によってAzure仮想マシン内にエージェントが配備されるため、Azure Stackポータルを使用してバックアップサービスのサブスクリプションと配備を一元的に実行できる。顧客は、Azure VM拡張機能を使用するかエージェントインストーラをダウンロードして、Acronis Backup エージェントを簡単にインストールでき、設定も迅速に行える。

同サービスの導入メリットとして注目されるのは、クラウドの仮想マシンとオンプレミスのインフラの両方を、アクロニスのクラウドストレージ、またはサービスプロバイダーのストレージに安全にバックアップできることだ。これにより、顧客企業の多様なデータ保護プランに対しても柔軟に応えることができる。

本資料では、Acronis Backup Cloudの機能と仕組みを解説するとともに、サービスプロバイダーが同サービスを扱うメリットを紹介する。ぜひ、ダウンロードしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)