ホワイトペーパー

サービスプロバイダー必見!Office 365のメール保護で自社ビジネスを拡充

Acronis AG(アクロニス・ジャパン株式会社) 2017年03月03日

Office 365の電子メールデータは、データセンターでレプリケートされるだけで、バックアップはされない。わずかな時間だけ「削除済みアイテム」フォルダにデータが配置されるが、データ損失からの保護や特定の時点のデータアーカイブは提供されることはない。

多くのOffice 365ユーザーにとって、メールはビジネス上の重要な情報であり財産だ。メールデータ保護のために何らかの手を打たなくてはならない。しかし一方で、そのために多大なコストと運用負荷を自社内で抱え込みたくないというのが本音だろう。そこにサービスプロバイダーにとってのビジネスチャンスがある。

Acronis Backup Cloudは、マイクロソフトのパートナーであるアクロニスが提供するデータ保護のサービスだ。サービスプロバイダーは、自社のOffice 365販売を補完するために、Acronis Backup Cloudのバックアップサービスを自社の顧客に再販することができる。管理コンソールは、自社ブランドにカスタマイズすることができ、顧客はバックアップの管理を含めたすべての操作を同じ画面で実施でき、保護したすべてのデータのステータスを確認できる

本資料では、Acronis Backup Cloudの機能と仕組みを解説するとともに、サービスプロバイダーが同サービスを扱うメリットを紹介する。ぜひ、ダウンロードしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)