ホワイトペーパー

「データ経営」の最新潮流は今どうなっているのか!?ガートナー提言をQlikがウェブ解説!

クリックテック・ジャパン株式会社 2017年11月07日

■ CTO Outlook:ビッグデータの現実に目を向ける!


「焦点は、ビッグデータ自体から、それが特定のビジネス分野や指標にどう影響するかにシフトしている」

ガートナーは現在のビジネス状況について、このような指摘をしています。

以下のリンクは、「企業は今後、データをどのように集積し、活用すればいいのか」という重要なテーマに対し、実践的な解説や今後の展望を示す、約45分のストーリーです。

ここで語られるキーワードとして、次のようなものが登場します。

「ビッグデータは、サイズから組み合わせへと移行する」
「従来の、モノシリックなデータベースに伴う課題」
「シームレスな生産性--同じツール、同じスキル」
「分析プラットフォーム全体の連携」

事例も含まれており、データをビジネスに活かすための指針として、ぜひ閲覧をお勧めします。
最初からでなくても、特に興味がある部分だけ集中的に見ることも可能です。
以下のリンクから、お試し下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)