ホワイトペーパー

医療現場に光明!院外からもセキュアにアクセス可能なモビリティ対応のクライアント仮想化システム

パラレルス株式会社 2017年03月16日

他分野と比べてIT化がの遅れているとが目立つと言われていわれている日本の医療分野。1999年にようやく電子カルテが認められるようになったのですがたほか、依然として旧式のソフトウェアが使われているケースやたり、まだWindows 7やWindows XPといった環境で運用している医療機関も少なくありません。結果として、常に一貫性や安定性、セキュリティ面でへの不安がつきまとうっている状況となっています。

こうした背景から、医療関連に特化した情報システム構築をはじめ、システムコンサルティングやシステムインテグレーションなどを手がける株式会社エム・オー・エム・テクノロジーでは、旧バージョンのOSにも対応できる柔軟なソリューションを提案の必要性がありました。中でも、ノートPCの持ち歩きによりセキュリティ面と業務効率の両面で課題を抱えていた院外診療や院外健診に対し、モバイル利用対応を考慮したITシステムの開発プロジェクトを開始しました。

このプロジェクトで採用されたのが、あらゆるデバイスに仮想アプリケーションや仮想化デスクトップを配信できる「Parallels Remote Application Server(以下、RAS)」です。医療従事者が院外からEMR、収益循環管理ソリューション、画像ビューアなどの医療アプリケーションへ簡単かつセキュアにアクセスでき、コストも抑えられる環境を実現しました。

本資料では、エム・オー・エム・テクノロジーがParallels RASの導入に至った背景や経緯、その具体的な成果などを細かくご紹介しています。医療のIT化にご興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)