ホワイトペーパー

急拡大を狙うビジネス組織が、わざわざ「仮想デスクトップ」を入れるワケ--だから事業を加速できる

パラレルス株式会社 2017年03月16日

本資料は、全国に急速にビジネス拠点を広げている企業が、なぜあえて仮想デスクトップ(シンクライアント)を選んでいるのか、という事例だ。

登場するのは法律事務所。顧客情報について極めて厳格セキュリティ管理が求められる一方、従業者からは「自宅や客先など、より柔軟な場所で業務がしたい」との要求が強かった。実現すれば明らかに、業務が大幅に効率化するからだ。組織は全国に拠点を拡大しており、新オフィスのIT環境も急いで整備する必要があった。

そこで最も有効な策として注目したのが、あらゆるデバイスに仮想アプリケーションや仮想化デスクトップを配信できる「Parallels Remote Application Server」だ。場所を問わずセキュアかつ効率的な業務が可能になったうえ、全国展開の基盤作りにも大きく貢献した。

資料では、こうした背景について詳しく解説している。ぜひダウンロードのうえ、ご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)