ホワイトペーパー

企業のデジタル化の鍵となるDWH「Amazon Redshift」のビジネス価値を徹底解説

アマゾン ウェブ サービス株式会社 2017年11月01日

モバイルやIoTなどによりデータ量が爆発的に急増するなか、それらのデータから新たな価値をスピーディーに見いだすためには、データウェアハウス環境にも新たなアプローチが求められています。また、絶えず進化する顧客や事業部門からの要望を満たすためには、スケーラビリティ、俊敏性、柔軟性も同時に必要とされます。
 
これらを実現するのが、データウェアハウスのクラウドへの移行です。そうしたクラウド型データウェアハウスの1つである「Amazon Redshift」は、2014年から2015年にかけて360.2%の利用者増を記録し、その後も順調に利用者を増加させている実績高いサービスです。

本ホワイトペーパーは、世界的なリサーチ会社のIDC が Amazon Redshiftに関して8 社の多様なユーザーにインタビューによる調査を実施し、その結果をまとめたものです。平均年間利益は 100 TB あたり 758,845 USD、平均投資利益率 (ROI)469%といった効果のほか、分析チームの生産性、管理の効率性、予定外ダウンタイム短縮などについても具体的な効果が数値で示されています。

ぜひダウンロードのうえ、調査レポートの詳細をご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)