ホワイトペーパー

開発サイクルの迅速化、保守性の向上を実現「マイクロサービスアーキテクチャ」そのメリットと課題を整理

アマゾン ウェブ サービス株式会社 2017年12月06日

従来のモノリシック(一枚板)のシステムアーキテクチャから、様々な機能を個々のサービスとして構成するマイクロサービスアーキテクチャへの移行が、大規模システムを保有する企業などを中心に、競うように進められています。

マイクロサービスアーキテクチャの最大のメリットは、ビジネスニーズに合わせて、俊敏にシステムの改善・変更ができることです。従来型のモノリシックなシステムでは、部分的な機能変更であっても、それがシステム全体にどのような影響が出るかについて素早く把握することが難しく、時間をかけて検証する必要がありました。

しかしながら、課題がないわけではありません。例えば、モノリシックなアーキテクチャからマイクロサービスアーキテクチャへの移⾏プロセスです。このプロセスはマイクロサービスのために正しい境界を判断することが必要となるため複雑で、データベースレイヤーにまで及ぶコード間の依存関係を解除しなくてはなりません。

本資料では、マイクロサービスアーキテクチャについて、そのメリットを紹介するとともに、移行における運用面での課題について整理します。さらに、Amazon Web Services(AWS)が、この課題に対してどのように解決するのかを詳細に解説しているます。マイクロサービスアーキテクチャに興味のある方におすすめしたい資料となっています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)