ホワイトペーパー

開発者必見!AWS が解説するサーバーレスアーキテクチャ構成の基礎

アマゾン ウェブ サービス株式会社 2018年04月01日

何十年もの間、ITシステムの基礎となってきたアーキテクチャパターンに、3層(多層、n層)アーキテクチャがある。3層アーキテクチャのメリットは、コンポーネントを分離・拡張し、それらを個別に管理・保守できることにある。

Webアプリケーションを構築する場合は、特にこのメリットが生きてくる。例えば、モバイルアプリを作る場合、プレゼンテーション層、ロジック層、データ層を分離することで、スケールや管理が容易になり、ユーザーに迅速にサービスを提供することができるようになる。

従来の3層アーキテクチャでは、Web Servicesを使ったSOA(サービス志向アーキテクチャ)のアプローチで各コンポーネントを分離、連携させることが多かった。しかし、今日のアプリケーション環境はよりセキュアな環境が求められ、SOAに完全に対応しきれていない社内システムとの連携も必要になる。

そんななか画期的なアプローチとして注目されているのが、プライベートネットワーク環境下でAPIゲートウェイとサーバーレスアーキテクチャを活用する3層アーキテクチャだ。例えば、モバイルアプリ向けにHTTPS APIフロントエンドを提供し、プライベートネットワーク下のビジネスロジック層でサーバレスシステムを容易にスケールアウトできるようにする。

本資料は、Amazon API GatewayとAWS Lambdaを使って3層アーキテクチャを構成する方法をガイドしたホワイトペーパーだ。モバイルバックエンドやS3でホストされたWebサイトへの適用例なども記載されている。ぜひダウンロードして、いまどきの3層アーキテクチャが持つインパクトを感じてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)