ホワイトペーパー

Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド

アマゾン ウェブ サービス株式会社 2018年04月04日

本資料は、アマゾンウェブサービス(AWS)が提供する機械学習(ML: Machine Learning)の導入ガイドだ。

アマゾンは在庫管理や売上予測、価格設定といった多様な用途でMLを導入しており、その技術に磨きをかけることで、最大限の効果を発揮してきた企業の一つだ。例えばAmazonのレコメンドエンジンはMLにより、顧客の購買や検索の履歴データから最適なおすすめ商品を提案する。最近では「スマートスピーカーAmazon Echo」やドローンで配達する「Prime Airなどでも」ML技術が活用されている。

昨今は多方面でML技術が発展し、画像解析や音声解析などで成果を上げているが、AWSのMLは「ビジネスで」効果を発揮し、実績を積んできたことが他にはない強みだ。本資料で解説するのは、こうしたビジネス用途での優位性である。例えば、

・クラウドベース、AWSのリソース—自前でストレージやコンピューティングリソースを構築せずにすむ
・同じクラウドのプラットフォームで ML に関係する全ての処理を統合--効率よい ML導入が可能に

資料はこうした強みについて、わかりやすく解説している。ぜひダウンロードのうえ、ご参考にして頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)