ホワイトペーパー

クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ

アマゾン ウェブ サービス株式会社 2018年05月01日

「クラウド移行したら思わぬコスト増を招いた」「やっぱりクラウドよりオンプレミスのほうが安い」──。

クラウドの利用が進む中で、そんな意見がまことしやかにささやかれることが増えた。しかし、コスト増を招く原因をよく探ってみると、実際には、クラウド利用のアプローチに問題があることが多い。

例えば、オンプレミスシステムをそのままのかたちで移行したままクラウドを利用してしまうこと。あるいは、利用料金を下げるプランや仕組みの理解が不十分なまま運用してしまうこと。

クラウドを適切に利用すれば、コストは必然的に最適化される。クラウド利用にあたっては、そのアプローチを実践することが重要なのだ。

本資料は、AWSを利用する際にどんな「コスト最適化」を施せばいいかを示した34ページで構成するホワイトペーパーだ。「需要と供給の一致」「コスト効率に優れたリソース」「コスト意識」「経時的な最適化」という4つの視点から、コスト最適化のアーキテクチャ、ツール、ベストプラクティスを紹介している。

クラウドのコストに悩んでいる担当者は、ぜひダウンロードしてコスト最適化を実践してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]