ホワイトペーパー

データ活用が成敗を分かつ--ならばDBは高パフォーマンス、低コストのAmazon Auroraを

アマゾン ウェブ サービス株式会社 2018年07月01日

効果的なデータ活用がビジネスの競争力を左右する傾向がますます顕著になっているが、ここで課題となりがちなのがデータベースのパフォーマンスやコストだ。従来ながらの商業データベースで現在のビジネス環境において十二分なパフォーマンスを発揮するには、膨大なコストそれに管理の手間が生じてしまうのである。

そうしたなか注目を集めているのが、MySQLやPostgreSQLとの互換性があるクラウドデータベースAmazon Auroraへの移行である。高性能の商用データベースのパフォーマンスや可用性と、オープンソースデータベースのシンプルさや費用対効果を兼ね備えるAmazon Auroraは、標準的なMySQLデータベースと比べて最大で5倍、同PostgreSQLデータベースと比べて最大で3倍ものパフォーマンスを誇りながら、商業用データベースと同等のセキュリティ、可用性、信頼性を実に10分の1のコストで実現してしまうのだ。

本資料では、このAmazon Auroraの特徴とデータベースのクラウドマイグレーションのメリット等について、導入企業の事例を交えて詳述している。一般的な商業用データベースからの移行を促進するサービス「AWS Database Migration Service (DMS)」も1年間の無料利用枠内で6ヶ月間無料で利用可能となっているので、ぜひアクセスして貴社のデータ活用レベルをもう1ランク上げてみてはいかがだろうか。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]