ホワイトペーパー

【準備編】“競争力が落ちている”と感じたら、迷わずWindowsワークロードをクラウドへ!

アマゾン ウェブ サービス株式会社 2018年09月03日

とりわけ日本企業では長い間、Windowsワークロードのようなミッションクリティカルな環境を自社のオンプレミスのデータセンターからクラウドへ移行することを避け続ける傾向にあった。しかしながら、そのほとんどが、まったく根拠のない不安からくるものであったことが明らかになっている。むしろ、エンタープライズアプリケーションのクラウド運用に成功する企業が増えるにつれ、その過程でコストが削減され、俊敏性も向上することが一般的に知られるようになった。

こうしてWindowsワークロードを含めたクラウドシフトは、いまやデジタル・トランスフォーメーションを実現するためにも必須の戦略となっている。そして日本に限らず世界中の多くの企業が、そのクラウド基盤として選定し活用しているのがAWSだ。
Microsoftアプリケーションのホストに対応した最初のクラウド環境であり、Windowsワークロードの運用においてこれまでに数多くの実証済みの成功歴を有するAWSであれば、俊敏性や柔軟性、高可用性、コスト削減をはじめ、様々なクラウドの恩恵を最大限に享受することができるだろう。

本資料には、WindowsワークロードをAWSに移行すべき理由について、世界的な大企業などの事例を通じて詳しく解説している。もしもまだクラウド移行に不安を感じているとしたら、すぐに目を通して考えを改めるべきだと言えるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]