ホワイトペーパー

【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに

アマゾン ウェブ サービス株式会社 2018年11月06日

競合に打ち勝つための積極的な変革が求められるなか、世界中の企業でクラウドの導入が加速している。クラウドへの移行がもたらすメリットは、コスト節減は言うに及ばず、機械学習やIoTなどの機能を利用した革新的なソリューションを継続的に提供できるようになるなど多岐にわたると見られている。

本資料には、グローバルな調査会社であるIDCが実施した、Amazon Web Services (AWS) のユーザー企業を対象にした実態調査の結果が収められている。その内容は、AWSのユーザー企業が5年間で1社当たり年平均2,097万米ドルに相当する大きな価値を実現していることが示されるなど、衝撃的だ。ぜひ全容に目を通していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]