ホワイトペーパー

DevOpsを目指す方必見!インフラ・サービスのプロビジョニング自動化実践のススメ

アマゾン ウェブ サービス株式会社 2019年01月15日

アプリケーションやサービスを高速で提供する組織の能力を高めるDevOpsはクラウドと密接な関係にあることは今さら言うまでもないだろう。クラウドコンピューティングは、仮想化技術を活用することで、コンピューティングやネットワーク、ストレージリソースのオンデマンドなプロビジョニングを可能にするのだ。

しかし、インフラ管理者は、こうしたプロビジョニングをしばしば手動で実行することから、人的資源の非最適化による実質的なコスト増やミスによるリスク、機敏性の欠如、不十分なコンプライアンスなど、数々の問題を抱えてしまうのが現実だ。

そこで出現したのがインフラ・サービスのプロビジョニングを自動化するためのベストプラクティス“Infrastructure as Code”である。Infrastructure as Codeを使用すれば、インフラ・リソースの定義をアプリケーションソフトウェアのように設定ファイル化し、バージョン管理も可能になるのだ。

本資料では、プロビジョニングプロセスにオートメーションを導入することのメリットや、Infrastructure as Codeの分野でAWSの機能を活用してDevOpsを効果的に実践する具体的な方法について解説している。まずはダウンロードしてご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]