ホワイトペーパー

コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

アマゾン ウェブ サービス株式会社 2019年06月17日

いまやクラウドは企業におけるITプラットフォームのスタンダードともなりつつあることは言うまでもない。しかしながら、その高い拡張性・柔軟性やコストパフォーマンスについては魅力を感じつつも、セキュリティやコンプライアンスの面で、全面的なクラウドシフトには今ひとつ踏み込めないという企業も多いはずだ。

そうしたなか、企業が安全で規制に準拠したクラウド環境を運用できるよう、要件に合わせる形で様々なコンプライアンス報告書、証明書、認定書を用意しているのが、最大手のクラウドベンダーであるAWSだ。

本資料には、AWSが提供する各種保証プログラムや最新のコンテンツ保護方法、事業継続性や自動化に関するさまざまなサービス・機能などが網羅されている。日本の大手銀行の情報担当役員が「攻め続けながらも守るところは固く」とAWSを評価する理由にも迫っているので、ぜひ一読をおすすめしたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]