ホワイトペーパー

【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 2019年07月16日

機械学習や深層学習を利用したAIアプリケーション市場は急成長を続けている。IDCでは2026年にはエンタープライズ向けソフトウェア全体の75%には何らかの形でAIが組み込まれると予測する。一方でAIを最初期から導入していなかった企業の多くでは、テクノロジーがビジネスに最大の恩恵をもたらす方向性を見極められずにいる。そればかりでなく、AIアプリの構築や導入に必要なスキルセットについて不安を抱いている企業も多いというのが現実だ。

こうした背景を受けて本資料では、機械学習や深層学習の最新の市場動向や企業の導入実態についての調査結果を解説するとともに、機械学習モデルの開発、トレーニング、導入を容易にするAWSのAmazon SageMakerや、EC2上に構築された深層学習アプリケーションの構築、トレーニング、実行に必要な環境であるAWS Deep Learning AMIについて詳しく紹介している。まずは一読いただき貴社のデジタル・トランスフォーメーションのきっかけとしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]