編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

クラウド活用の深層学習プロジェクトの89%がAWSを利用している理由をユースケースで知る

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 2020-03-03

コンピュータがデータを分析して、人の関与なしに経験から学習していく技術を網羅した深層学習は、AIの領域でも最も注目されている技術の1つとなっている。とはいえ、現代の深層学習モデルは大容量のコンピューティング能力とストレージ能力を必要とするため、多くの企業にとってシステムの自社開発はコストがかかりすぎてしまう。

そこで深層学習の活用に最も効率的な戦略となるのが、環境を一から構築するのではなく、インフラストラクチャや専門知識、そして多様なサービスを提供するクラウドベンダーと提携することである。

本資料では、Nucleus Researchの3年に及ぶ調査とその結果の分析を通じ、深層学習を提供するクラウドベンダーとしてAWSが最適解である理由について、実際の企業のユースケースを踏まえて解説している。深層学習について少しでも興味がおありなら、ぜひ一読をおすすめしたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]