編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

スタンダード化する機械学習をワンストップで導入できる「Amazon SageMaker」

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 2020-07-09

製品開発やセキュリティ、サプライチェーンなど企業のさまざまな分野で機械学習を用いたプロジェクトが立ち上がっている。機械学習がアプリケーション開発のスタンダードになりつつあるのだ。しかし、多くの企業は、機械学習を社内で開発するリソースやデータサイエンスの知識、コンピューティングインフラを持っていない。

機械学習機能を導入し、運用していくためには、そうした機能を補う必要がある。機械学習モデルを開発、デプロイし、コストを抑えながら、研究開発をスピードアップしていくための機能を備える必要がある。

こうしたニーズに対応するため、Amazon Web Services(AWS)は、ユーザーが大規模な機械学習モデルを構築できるフルマネージド型のクラウドサービス「Amazon SageMaker」を2017年に発表した。機械学習の機能を開発する上で、コスト削減、開発者の生産性向上、俊敏性の向上を実現する総合的なツールである。

本資料では、Amazon SageMakerの機能や導入事例に触れながら、今後の企業が機械学習の導入に取り組むべき理由や、AWSと連携することのメリットにまで踏み込んで解説している。まずはご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]