編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 2020-08-28

データおよびデータ分析は、企業活動に不可欠の要素だ。Aberdeenの調査では、最新のデータレイク分析プラットフォームを導入した企業は、競合と比較して収益が9%向上することがわかった。ログファイルやソーシャルメディア、クリックストリーム、IoTデバイスからのデータ分析といったさまざまなデータソースを機械学習などの新しい手法を使ってリアルタイムに分析できたことがその要因だ。

本資料は、AWS上でこうしたモダンなデータ分析プラットフォームを構築するための考え方とアプローチを解説したAWSが提供するホワイトペーパーだ。既存のデータインフラストラクチャの課題から、DWHとデータレイクの使い分け、分析パイプラインの作成方法と手順、データアクセスの種類、BIツールやAI/MLフレームワークの適用方法などを解説している。ぜひ参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]