編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 2020-08-28

デジタル環境の広がりとともに、データ駆動型の組織に注目が集まっている。データ駆動型のマインドセットやビジネスの進め方を理解するためには、ビジネス面や技術面の俊敏さとデータの間にある関係を解き明かす必要がある。データ駆動型の組織では、ダイナミックプライシングやサプライチェーンの最適化といった戦略的な意思決定をデータに沿って下すと同時に、新製品開発や新市場開拓といったイノベーションもデータをから起こす必要がある。データはあらゆる取り組みの基礎になり、俊敏性を主導するべき存在なのである。

この資料では、データ駆動型組織の在り方を解説するとともに、データを組織の俊敏性獲得のために活用し、その俊敏性によってデータ自体の価値をさらに高めることの重要性を解説している。ぜひ一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]