編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

リモート監視プラットフォームが悪用される恐れも?!セキュアな運用管理ソリューションが不可欠な理由

シュナイダーエレクトリック株式会社 2019-11-19

近年、IoTをはじめとしたデジタル化があらゆるビジネスで急速に拡大する中で、データの種類や特性によっては、クラウドサービス上ではすべての処理を行うことが難しいケースが増え、データやユーザーの近くで稼働するエッジコンピューティング(以下エッジ)の併用が必要不可欠になりつつある。これらエッジは、企業の様々な場所に分散してIT設備が構築されるため、運用管理を一元的にリモートから行うことの重要性が増していると言えるだろう。

最近では、運用管理者のリソースやコストの問題から、リモート管理にクラウドベースのソフトウェアを導入する例も多くなってきたが、その場合には、セキュリティのリスクをいかに低減できるかが重要な課題となってくる。外部に接続された監視プラットフォームが、攻撃者に悪用されるのではないかという懸念もあるだろうし、リモートからのアクセスにおいては、アクセスコントロールを厳格に行えることも、必要不可欠だ。

本資料は、クラウドベースのデジタルリモート監視プラットフォームについて、その開発・運用に求められる主なサイバーセキュリティの対処に関して考察している。リモート監視ソリューションのベンダーや、それらを評価する状況にある方にとって、必ず役立つ情報であるはずだ。

また、資料提供元であるシュナイダーエレクトリックは、同社が提供するクラウドベースのリモート管理プラットフォームEcoStruxure IT Expertについて、先日発売を発表したばかりである。本資料の内容と合わせて、ぜひ注目いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]