ホワイトペーパー

事業継続をビジネス目標とリンクさせる-レジリエンシーのためのビジネス・ケース構築

日本アイ・ビー・エム株式会社(GTS) 2016年07月20日

レジリエンシーや事業継続の重要性が高まっている現在でも、経営層を説得してそこに投資させることは容易なことではありません。
なぜなら、経営層、ITリーダー、現場部門、それぞれの立場によってレジリエンシーに対する考え方、必要性が異なるからです。


■経営層は、前向きな事業継続ソリューションとレジリエンシー・ソリューションが重要であることは認識しています。

■ITリーダーは、クラウド・コンピューティング・ソリューションの導入により、世界中の政府規則や業界規則の変化や要求にも対応できることは認識しており、必要であると考えています。

■現場部門は、2次データセンターや代替作業サイトが、想定外の危機的状況が発生しても、継続して機能させられることを認識しており、必要であると考えています。


 経営層から事業継続とレジリエンシーに対してサポートおよび投資を得るためには、現場部門がITのリスクをビジネス・リスクとリンクさせるとによって、IT回復力、ビジネス戦略、およびビジネス・プロセス間のつながりの重要性を提言していくことが必要なのです。

本資料では、経営層を納得させるのに役立つフレームワークについて解説します。


<インデックス>
1:レジリエンシーと事業継続のための課題
2:IBM レジリエンシー・サービス・フレームワーク
3:階層ごとにフレームワークの検討
  -全体戦略
  -組織
  -プロセス、アプリケーション
  -データ
  -施設・設備
4:IBMが支持される理由

詳細は、資料をダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)